三重県支部長 挨拶
本日は、お忙しい週末の夜にも関わらず、多くの議員の先生をはじめ企業の皆様のご出席ありがとうございます。また、遠路東京から駆けつけていただきました、ミャンマー友好協会本部役員の皆さま、本当にありがとうございます。
昨年9月末に三重県支部を発足させていただいてから、ちょうど1年になります。この1年間三重県支部としましては、技能実習生の受入に興味のある企業の皆さまに同行し、ミャンマー訪問などの活動を行ってきました。ミャンマーへの訪問ときには、10社の企業様と共に、私が勤務している中央土木の現地法人ASIA YKT ビジネスカンパニーの訪問提携している日本語学校で面接のシュミレーション等を行い、技能実習生の採用までの流れなどを体験していただきました。その他、さまざまな施設を訪問してもらいミャンマーの魅力を体験していただけると思います。私個人としましては、今年7月に開催された、国土交通省主催の海外進出セミナーで、東京会場と名古屋会場の2会場で講師を依頼を受け、中央土木のミャンマー進出の経緯と、今現在当社で学んでいる技能実習生の状況などの内容で講演をさせていただきました。講演にはJETORさんもセミナーの講師としておみえになられていました。公演後の質疑応答では、技能実習生の受入を考えて見える企業が多いことを実感しました。三重県支部の取組としましては、これから海外進出及び技能実習生の受入れを考えている企業様の中から希望者を募り会員の募集をしていきたいと思います。そして会員様と共にミャンマー訪問団を結成し現地の市場調査・現地人材関する情報の調査・現地での人脈つくりなどさまざまな面で海外進出を考えている企業様のお手伝いをしていければと思います。今後、三重県支部としましては、1年に2回の懇親会の開催を予定しています。次回の懇親会は、皆さまに最新の状況報告やミヤンマーの国内の情報を共有できる場として開催したいと思います。皆さまも、今後とも三重県支部活動へのご参加をお願いいたしまして、簡単ではございましたが、ご挨拶とさせていただきます。
[table “14” not found /]

日本ミャンマー友好協会 会長

懇親会ギャラリー(画像)
出席者様
協賛企業様